その他

2019年中小企業診断士二次試験 事例4再現答案

2019年 中小企業診断士 事例4 再現答案

2019年中小企業診断士二次試験 事例4再現答案です。

途中の計算等は省いておりますが、参考にしていただければと思います。

計算間違い等は修正していないので、間違い事例としても活用ください。

事例4

第1問

①売上高営業利益率 0.98%
棚卸資産回転率 3.13回

②固定長期適合率 90.06%(指標、計算ともに間違えている思う)

特徴は①配送コスト増大や非効率な建材調達・在庫保有で効率性、収益性低下②借入金返済で安全性良化(49文字)

自己評価:15/25点

反省点

①は棚卸資産回転率より、仕入れ債務等も悪化していたので、当座比率が良かったかな②はシンプルに有形固定資産回転率で良かったと思う。固定長期適合率の計算も間違えている。

第2問

設問1)
建材 95.33%
マーケット 69.39%
不動産 3.52%
全社 89.09%

設問2)

4343百万円(条件の設問1の値を使って回答しろを無視したため、端数違いが起きている

各事業部毎の貢献利益も不明、各事業部の特性も考慮されないため(30字)

設問3)

91.49%

詳細な式は省略

自己評価 23/25点

反省点 

設問1の値を使って計算しろの意味があまりわからず、無視して計算した部分のズレが発生している。今までのCVP分析では、このような出され方はしていなかったし、本質的な部分で無い所で、点数差がつくのは少し不満である(悔しい)

第3問

設問1)10点

1年度 -0.9
2年度  6.1
3年度  14.5
4年度 9.6
5年度 9.6

設問2)10点
3.14年(初年度のマイナスの引き算を、そのまま引いてしまい間違えた)
12.63年

設問3)10点
解けなかった。
減価償却費の差異、投資金額の差異だけ、部分点狙いで書いた。

自己評価 15/30点

反省点
設問2)の回収期間を痛恨の計算間違い、、、。シンプルに合格・不合格のボーダーライン上なら爆死級のミス。これが決定打かもしれないしと思うと、悔やみきれない。第2問のミスに続き、これだけで7点は落としたと思うと、、、発狂レベル。ツライ。事例1のポカをカバーできないかもとの不安がきつい。

第4問

設問1)10点
メリット 

本社と異なる給与水準にすることができ、人件費が削減できる。(29文字)

デメリット

連結子会社なので、意思決定の迅速性が小さい(何を言っているのかわからない)

自己評価 3/10点

設問2) 10点

在庫情報が明確になり、在庫が削減され効率性が改善、タイムリーな仕入れ等になりキャッシュフローが改善する。(53文字)

自己評価 5/10

第4問合計 8/20点

反省点
連結子会社化のメリット、デメリットは平成29年の過去問の焼き増し問題と考えると、、、、ここはみんな取ってくると考えるとつらいなーーという反省があります。

計算間違いより辛い部分ではあります。

総合評価は、61点です。

ぎりぎりA評価になるのではと期待しながら結果を待ちます。

(追記)中小企業診断協会からA評価の報告がありました。
    残念ながら事例1のC評価の影響が大きく不合格でした。

関連記事

  1. 日韓GSOMIA 韓国のGSOMIA破棄の影響と今後起こる可能性を解説
  2. 2019年 事例1 中小企業診断士 2019年中小企業診断士二次試験 再現答案事例1
  3. 2019年 中小企業診断士 二次試験 事例3 2019年度中小企業診断士二次試験 事例3再現答案
  4. 遺伝 公務員試験 公務員試験の生物の遺伝の解き方、覚え方
  5. 2019年中小企業診断士試験 事例2 再現答案 2019年度中小企業診断士二次試験 事例2再現答案

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP